サーフボードの置き場と保管方法

サーフボードの置き場と保管方法

サーフボードの置き場所を考える

サーフボードの置き場と保管方法

愛用のサーフボードを良い状態で長く使うには、日頃から適切なメンテナンスをして、適切な置き場で保管することが大事ですよね。

 

まず、使用後のメンテナンスについてですが、海水の塩分はサーフボードの劣化の原因になるので、真水で綺麗に洗い流すのが鉄則。洗った後は水気をしっかり拭き取ることも大切です。乾かないままハードケースにしまうと、湿気がこもってカビが生えてしまうこともあります。

 

また、高温や紫外線もサーフボードの大敵。高温は変形の原因になりますし、紫外線は日焼け=黄ばみの原因になります。これらの理由から車に積みっぱなしも厳禁です。

 

収納スペースの確保

ということで、サーフボードは直射日光が当たらず、高温多湿にならない置き場で保管する必要があります。

 

家の中にラックを設置してボードを置くのはインテリアとしても魅力的。ただ、どうしても場所を取るし、頻繁に使う方なら洗い残しの砂や海水等で部屋が汚れたり傷んだりしてしまいます。特に奥様やお子様のいるご家庭では理解を得るのが難しいケースも多いでしょう。

 

もし、自宅でサーフボードの置き場を確保できないなら、トランクルームを借りて収納するのも1つです。

 

屋内型(ビルイン型)か屋外型(コンテナ型)のどちらを選ぶかですが、スタッフに確認して高温多湿にならない環境なら、料金の安い屋外型がおすすめです。屋内型より車での乗り入れが便利な点もメリットですね。

 

ただ、屋外型でも高温多湿になりうる環境なら、少し料金をプラスして空調完備の屋内型のご利用が安心です。この場合も、事前に車での利便性はチェックしておく必要がありますよね。

トランクルームおすすめランキング

関連ページ

スキー板・スノボの置き場所と保管方法
シーズンオフの間のスキー板やスノーボードの置き場所と保管方法は?来シーズンも快適に使うためのメンテナンスについて解説しています。
ゴルフバッグ(キャディバッグ)の保管方法
ゴルフバッグ(キャディバッグ)の保管の際に気を付けることとは?適切な保管場所をご提案します!
自転車の置き場所と保管方法
スポーツに特化したスポーツ自転車(ロードバイクやクロスバイク)の置き場所と保管方法を解説しています。