トランクルーム メリット デメリット

トランクルームを利用するメリットとデメリット

メリットは?デメリットは?

トランクルームのメリットとデメリット

トランクルームを利用する最大のメリットは、やはり自宅の生活空間を広く取ってゆったり過ごせること。

 

特にアパート・マンションなどの集合住宅が多い都市部では、戸建のように庭を確保して物置を置くこともままなりません。かと言って、物置用にワンルームを借りるにはコストが高くつきます。

 

となると、手放せない荷物は自宅のスペースを削って置かざるをえません。そんな住宅事情のお悩み解消につながるのがトランクルームなんです。

 

まず、0.5畳程度の広さからあるので、賃貸物件をまるまる一室借りてスペースが余ってしまうことはありません。更に部屋の賃貸契約と違って保証人は必要なく、免許証や保険証等の身分証さえあれば手続きできる点も魅力ですね。

 

また、利用する業者にもよりますが、即日契約や短期レンタルが可能な点もメリットでしょう。

 

トランクルームのデメリット

荷物を取りに行ってきます!

自宅からすぐ近くにトランクルームがあればデメリットになりませんが、自宅から離れている場合には、思いついた時にすぐ荷物を出して使うことはできません。この点はデメリットですね。

 

ですから、利用するサービスを選ぶ時は立地と収納物をしっかり考慮しなければいけません。自宅から少し遠い場所に借りるなら、利用頻度の低い物や緊急で必要にならない物に限定しないと不便です。

 

また、借りてから次のような使い方をしようとする方も本当にいるらしいので念のため確認すると、トランクルームはあくまで物を保管することに特化した施設。当然、アパートやマンションの一室のように生活したり、作業スペースとして利用したりはできません

 

あとは特に屋外型(コンテナ型)トランクルームの場合、防犯カメラは設置されていても、常に人が張り付いて見張っているわけではありません。そのため、どうしてもセキュリティ上の不安は残りますし、搬入搬出の時間が制限されているケースもあります。セキュリティ、補償、搬入搬出の時間は契約前に必ず確認しておきましょう。