宅配トランクルーム「宅トラ」の口コミ評判と評価

宅配トランクルーム「宅トラ」の口コミ評判と評価!メリット・デメリットは?

宅トラのメリット・デメリットは?

宅トラの評判と評価

宅トラは(株)クオリティライフ・コンシェルズが運営するトランクルーム。宅配サービスと合体した新しいタイプのトランクルームです。

 

何が新しいかって、自分で現地に行って荷物の出し入れをする必要がなく、自宅にいながらサービスを利用できる点。インターネット上で荷物の出し入れの指示をすると、あのクロネコヤマトが搬入搬出・運搬業務全てをやってくれるという画期的な仕組みなんです。

 

僕なりの評価を加えながら、もう少し詳しく解説しますね。

 

↓宅トラ公式サイト↓

 

宅トラの基本的な仕組み

申し込み手続きは簡単。まずはネットで宅トラの公式サイトにアクセスします。

 

荷物を収納するBOXの大きさはミニタイプとレギュラータイプがあるので、最適なサイズを選択して下さい。ご覧になると分かるように、ミニとレギュラーの違いはBOXの高さです。

 

宅トラのBOXサイズ

 

続いて、氏名・住所・メールアドレス・電話番号・住所・パスワードなどの情報を入力するとアカウントが作成されます。後日「申込みキット(スタートアップキット)」が送られて来たら、必要事項を記入して提出。以上でWEBや書面上の手続きは終わりです。

 

あとはクロネコヤマトと都合のいい日時を調整して、集荷を待つだけ。集荷当日はドライバーさんがBOXを持って来てくれるので、そこに入る分の荷物を預ければ搬入も完了です。

 

荷物を預けた後の流れ

預けた荷物は空調の行き届いたクロネコヤマトの倉庫で大切に保管され(※定温20〜25℃・定湿55〜65%)、万が一保管中に破損した場合には1梱包あたり上限30万円もしくは1BOXあたり上限60万円の補償があります。

 

宅トラに着いた荷物は1品ずつサイズ測定と写真撮影が行われ、品目リストと画像が「スマート保管WEBサイト」にアップされます(※追加や入れ替えを行うと都度更新される)。これはとても便利。僕らはWEBネット上で荷物を管理し、必要な時に出庫指示をするだけ。指定日にヤマトが自宅まで届けてくれます。

 

自宅と書きましたが、自宅以外の場所も指定可能で、例えば、ゴルフバッグを直接ゴルフ場に届けることもできます。これも有り難いサービスですね。同じことを通常のトランクルームでやるなら、一度トランクルームに取りに行き、それを別途急便等で送る手配が必要ですから。

 

宅トラのクーポンはどこでもらえるの?

ちなみに宅トラの申込みフォームにはクーポンコードを入力する欄があるため、「クーポンってどこでもらえるの?」と気になる方もいると思います。

 

でも、これは過去に、グループ会社所有のマンションに入居した人向けに特典として配布したクーポンであり、一般に出回ったものではないそう。知らない人だけ損するなんてことはありませんので、ご安心を。

 

宅トラの料金体系は?

宅トラの利用料金は次の通り(※料金は税抜き表示)。お支払い方法はクレジットカード決済となります。

 

ミニ

レギュラー

初回引き取り料

19,000円

22,000円

月額保管料

4,980円

6,000円

出庫配達費用

大きさ・地域による

大きさ・地域による

 

月額保管料は、他社が提供している同程度の大きさの収納スペースと比較すると格安です。特に都内では畳0.5畳(91cm×91cm)でも1万円を切るところはまずありませんから。

 

ただし宅トラの場合、最初に預ける時だけは当月分の日割り保管料に加えて「初回引き取り料金」と「2ヶ月分の保管料」がかかります。

 

例えばレギュラータイプなら、当月分の日割り保管料+初回引き取り料金22,000円+2ヶ月分の保管料12,000円となり、少なくとも合計34,000円以上必要なわけですね。

 

また、必要な荷物を届けてもらう時にはその都度「出庫配達費用」が発生します。出庫配達費用は大きさや配送地域によって変わります。

 

関東エリアなら、最小サイズで税込1,785円(荷物の3辺合計が60cmまで)、最大サイズで税込20,520円(3辺合計が350cmまで)。頻繁に出し入れする荷物を預ける時は、配送コストも頭に置いておかないといけません。

 

宅トラの評価(メリット・デメリット)

ここまでを踏まえて、宅トラのサービス内容を僕なりに評価します。

宅トラを利用するメリット

やっぱり一番のメリットは自宅にいたままサービスを使えること。トランクルームに出向いて自分で搬入搬出をする必要がないので店舗からの距離も関係なく、車が無くても大きな荷物を預けられます。リストと写真で管理できるので、何を預けたのか忘れることもありません。

 

また、配送から保管までクロネコヤマトが対応してくれる点もメリットでしょう。特にコンテナ型のように無人で温度湿度管理がされていないトランクルームでは荷物の品質管理に不安が残りますが、宅トラはスタッフ常駐・空調完備の倉庫で保管されるので安心です。

 

毎月の保管料が安く収まる点も嬉しいメリット。宅トラの場合、茨城県古河市郊外の倉庫で荷物を一括管理しているため、リアル立地のトランクルームに比べると運営コストが安くなるわけです。

 

宅トラを利用するデメリット

月額料金はキュラーズハローストレージより安く済みますが、初期費用は初回引き取り料金と2ヶ月分の保管料がかかるため、高くなるのがデメリット。

 

また、ヤマトが配送してくれるのはメリットですが、その都度配送料がかかるのはデメリット。もし頻繁に出し入れする荷物があるなら、月額保管料とは別に配送コストも計算しておかないといけません。特にそれが大きなサイズだったりすると、キュラーズやハローストレージよりも高く付く可能性もあるので注意です。

 

加えて、緊急時に自分ですぐに取りに行けない点、宅急便配送の日時に受け取らないといけない点もデメリットかと。やはり、いつ緊急で必要になるか分からない物は預けない方が無難だと思います。

 

もう1つ、基本的に関東以外のエリアについてのサービス提供は要相談になっています。全国対応をうたっていないだけに、お住まいの地域によっては利用できないケースもあるはず。これがデメリットになる方もいるでしょう。

宅トラ総評

自宅にいながらトランクルームを利用できて月額料金も安いのが宅トラの強み。それこそが他の店舗型と大きく差別化された宅配型の特徴であり、口コミを見ても、特にこの2点について評判の良いサービスと言えます。クロネコヤマトの信頼感も抜群ですね。

 

↓宅トラ公式サイト↓